オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

相続の承認を工夫する

遺産

相続によって財産や債務を承継する場合には、方法がいくつかあります。
1つは、単純承認という方法です。
特に期限内に何らかの意思表示がない場合や一定の行為があった場合は、通常この方法が用いられることになります。
この単純承認を行うと、相続人の財産および債務をいずれも承継することになりますので、たとえば相続財産よりも相続債務の方が多いケ-スであっても、その債務を自己の財産により弁済する必要があります。
2つめは、限定承認という方法があります。
限定承認であれば、相続によって得た財産の範囲内で債務を弁済すればよく、債務が財産を上回っている場合であれば、その債務を承継する必要がないというものです。
最後に3つめは相続放棄という方法です。
相続放棄とは、簡単にいうと財産もいらないしましてや債務も承継しないというものです。
相続が開始されたことを知った日から3か月以内に手続きを行うことで、この方法をとることができます。

相続放棄の現在の取り組み

相続の放棄は、自己のために相続が開始されたことを知った日から3か月以内に家庭裁判所に「相続放棄申述書」を提出して、その意思表示を行うことになります。
またその際には、放棄の申述書や申述人の戸籍謄本などの必要書類を用意する必要があります。
したがってそう何度もこの手続きを行うことがない人が、簡単に手続きをすることは非常に難しいものです。
したがって現在では、相続税の改正などを目前に控え、相続という言葉を目にする機会が多くなっていることなどもあり、専門家でもこの手続きに関する相談などを増やしています。
司法書士事務所の中では、相続放棄を専門とした事務所などがあります。
また司法書士だけでなく、弁護士事務所などもかなり力を入れて行っている業務の1つとなっています。
また相続開始を知った日から3か月以内に一定の手続きをすることでその期間を延長することもできますので、そういった点からも専門家に相談することがよりスム-ズに手続きを取ることができます。